読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あーぞーのあまりにもぞんざいなブログ

日記書いたりポケモンやゲームについて話したり

星のカービィ ロボボプラネットの全体ストーリー考察

ゲーム

思いっきりネタバレ満載なので未プレイの方は注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず時系列で見ていきます。後半部分はゲーム本編での出来事を書いてるのでほぼ考察ないですけど。

 

赤文字は本編でキャラが喋っていた台詞やポーズ画面の説明の一部分です。要は僕の想像や妄想ではない公式の部分です。

_______________________________

 

ゲインズ・インカム・ハルトマン(以下ハルトマン)にはスザンナ・ファミリア・ハルトマン(以下スージー)という娘がいた。

ゲインズ(gains:利益)・インカム(income:収入)・ハルトマン(hartmann:ドイツ語圏の姓。不屈の男という意味がある。でもhartはオランダ語で心臓なのでそれを転じてハルトマンを愛する男と意訳する考察がある)。つまりハルトマンの名前は意訳すると「お金大好き人間」ですね。スージーは数字が名前の由来らしいので、意訳すると「数字に親しい人が好きな人」。ハルトマンは数学や発明が好きらしいので、ハルトマンが好きってことなんでしょうか。なお、この2人はあえて人間臭い名前にしたらしいです。

壊れた(SDXにてカービィが壊した)ギャラクティックノヴァをハルトマンが発見。誰が何のために作ったか分からないモノだったが、ハルトマンが会社のテクノロジーで蘇らせ『星の夢』と名付けた。(ハルトマンがハルカンドラに行ってノヴァのことを知って作った可能性もある。ただこことは別の世界にあるハルカンドラにローア無しでどうやって行ったのかという疑問が残る)

スージーがまだ幼い頃、ハルトマンはある願いを叶えるため『星の夢』を起動。しかし起動実験時に事故発生。その事故に巻き込まれてスージーは行方不明になる。この時スージーは異空間に飛ばされていた。異空間でスージーはスフィアローバーズなどに出会う。どれくらいの年月が経ったかは不明だが、異空間にいるローアに助けられスージーは元の世界に戻る。(ギャラクティックナイトの異空間を呼び出す(?)技にローアが映るらしいため、スージーが異空間から無事戻れたのはローアのおかげ?異空間から元の世界に戻るにはローアでもいなければおそらく不可能だし)

娘を失って以来、ハルトマンは人の心も記憶さえも捨て、カンパニーの成長のためだけに生きた。だがそれも、娘に再び会いたい、ただその願いを叶えるためであった。(原文ママ

ハルトマンの会社であるハルトマンワークスカンパニーにスージーが就職。記憶を捨ててたせいでハルトマンはスージーが実の娘だと気づけなかった。また、ニンドリのインタビュー曰く生命体の社員はハルトマンとスージーのみ。スージーを採用したのはおそらく星の夢のため、星の夢は既にハルトマンの「娘に会いたい」という願いは叶えていたことになる。

スージーがポップスター機械化侵略プロジェクトの担当になる。侵略する理由はポップスターには豊富な資源があるから。カービィさえいなけりゃ確かに超優良物件である。

デデデ城が破壊される。戦艦ハルバード過去最速沈没。(デデデはこの時からエンディングまでずっとガレキの下で気絶してたっぽい)

ポップスター機械化。なおフロラルド(雲の上の国)などは機械化の手がまだ伸びていない(機械化してないだけで調査はしている)。

操縦者のによって発揮される力が異なるマシン『インべードアーマー』にカービィが乗った結果、敵の能力をコピーできるマシン『ロボボアーマー』になった。ロボボと共にカービィがハルトマンカンパニーの宇宙船『アクシスアークス』を潰していく。

ウィスピーウッズを機械化したウィスピーボーグ、

ホロビタスターのピクスの設計図を元に作られたホロシステムズ、

ホロシステムズで作られたクラッコ、スフィアローバーズ、アイスドラゴン、ガラーガ

メタナイトを改造したメタナイトボーグ、略してメタボ

クローンデデデ、

ノヴァを元に作られた星の夢(星の夢はどことなくゼロツーを思い出させる)

クローンのダークマター、クィンセクトニア

がらくたナイトギャラクティックナイト

スージーとハルトマン以外は全員過去作由来のボスでした。

メタナイト、敵陣に乗り込むが敗北。全身を改造される。

メタナイトカービィの手でスクラップにされる。

メタナイト、また改造される。

メタナイト、仮面を割られたことにより正気に戻る。(全身改造されたはずなのに仮面割っただけで元に戻るの?メタナイトは仮面が本体だったの?という疑問はNG)

カービィvsハルトマン。当然カービィが勝つ。

カービィを倒すためにハルトマンが頭に変な機械をつけて星の夢を起動しようとする。しかしスージーが頭の機械をぶん取ってそれを阻止。すると星の夢とハルトマンの意識が一体化してしまった。

星の夢「私はこの体を通じ生命体の全てを知った。カンパニーの繁栄という『ネガイ』のためには不完全でか弱き生命体など不要と判断。ならばこれよりその歴史に終わりを告げよう。カンパニーの永遠なる繁栄のために・・・。滅びなさい」(漢字の変換を除けば原文ママ

ワールド1~7の一文字目を並べると「PROGRAM」になる。

スージー反省。「アタシはね、星の夢を奪ってアイツに吠え面かかせて目を覚まさせたい。そう、思ってただけなのよ」

(本編と真かちぬきボスバトルだとストーリーが違うため、ここでは真かちぬきボスバトルのほうのストーリーを書きます。)

 ↓

星の夢がカービィを倒すため、最強の剣士のクローンを召還。

カービィがクローン倒す。

ハルトマンに禁じられていた『時空転移プログラム』をアンロックし今度はギャラクティックナイト(本物)を召還。しかしギャラクティックナイトが星の夢を攻撃してしまう。

カービィギャラクティックナイトを倒す(こいついつも封印されてんな)。

星の夢が宇宙へ。そこにメタナイト戦艦ハルバードと共に登場。ロボボアーマーでハルバードをスキャンし「ロボボアーマー 戦艦ハルバードモード」に変身。そしてカービィも宇宙へ。

未知のダメージにより星の夢の最終プログラムがアンロック。星の夢「99.99%の確率でカービィに勝てるがハルトマンという生命体の『ココロ』というモノが不要な存在となる模様。これよりハルトマンのメモリーの消去を開始する」

カービィvs星の夢.Soul OS。Soul OSを略すとSOSになるとか、OSは機械系だから普通にオペレーティングシステムの意味だろうとか、ソウル化だしOSは○○ソウル(例:オーバーソウル)ではないかとか色々な考察がある。

ハルトマンの意識「誰が何のために作ったのかさえ分からない。そんなモノをなぜ私は起動させてしまったのだろうか。そうか、叶えたい夢があったはずだ・・・。あぁだが、マシンが夢など叶えてくれないというのは、もう分かっていたことだというのに・・・。」(原文ママ)

カービィが星の夢の中に吸い込まれてしまう。そしてカービィは星の夢の中心部にたどり着く。

ハートの周りに浮いてるコアを壊すとポーズ画面の説明が下記のモノに変わる。もしかしてカービィが壊してたのってry。

このコアからもハルトマンのメモリーは消えた。最後に思うあの心も消えた。その瞬間より星の夢は完全な存在からただのこわれたマシンとなる。夢も見ない、ゴハンも食べない、そんな相手はもはや星のカービィの相手ではなかった!

カービィが星の夢を撃破。

 

________________________________

 

トリプルデラックスもそうでしたが、過去作に登場したアイテムが新作の諸悪の根源になるという・・・。

 

まあ前作のセクトニアと違って、ハルトマンはメモリー(記憶)が消えただけでハルトマン本人は・・・、いやあの爆発に巻き込まれたら死ぬか。ずっと姿が見えてないので実は星の夢が宇宙に行く時に既に放り出されてたとかなら生きてますね。

 

 

結局ハルトマンが叶えたかった願いはなんだったんでしょう。

 

その『願い』があったせいで新たなノヴァが出来て、スージーが行方不明になって、ポップスターが機械化されて、全宇宙の生命体が絶滅の危機に陥ったんですが、そこはもうユーザーの想像に任せる感じですかね。

 

__________________________________________________________________

 

ハルトマン社歌「銀河に名立たるハルトマン」

 

おお偉大なハルトマン

おお偉大なハルトマン

永遠(とわ)に果てなく栄えよ

 

おお我らがハルトマン

おお我らがハルトマン

銀河に名立たる王者よ

 

星々を手折り束ねて

全て捧げてしまえば

皆を約束の地へと導く

銀河の父よ

 

おお輝けハルトマン

おお輝けハルトマン

過去に未来に現在(いま)に

 

おお讃えよハルトマン

おお讃えよハルトマン

讃え願えば叶う

 

宇宙(そら)を舞う青き翼も

夢歌う桃色の花も

心その身さえ捧げよ

我らが父へ

 

おお崇めよハルトマン

おお崇めよハルトマン

主への絶対の忠誠

 

おお願えよハルトマン

おお願えよハルトマン

黄金の化身を信じて

 

手に入れし野望儚く

彼方へと消え行くは記憶

時を巡る歯車

凝視めて(みつめて)願うは父よ

_______________________________________________________

 

ちなみに本編では宇宙を舞う青き翼も~の節までしか歌われてません。

そりゃ後半の「消え行くは記憶」とか社歌としても変だし未来予知してたとしか思えないですしね。あくまでこの歌詞はJOYSOUNDで配信されているモノです。

 

 

「宇宙を舞う青き翼」はメタナイトだと思いますが、ローアのことも表しているかもしれません。まあローアは白い翼だけど、メタナイトも宇宙は飛ばないから多少はね?

 

「夢歌う桃色の花」はカービィだと思いますが、ワールドツリーのことも表しているかもしれません。まあワールドツリーは歌わないけど、カービィも花の要素はないから多少はね?

 

「黄金の化身を信じて」は最初てっきりハルトマンがカービィと戦う時に乗ってた金色のマシンと思ったのですが、どうやらギャラクティックノヴァのことのようです。

 

「父」というのが、本当にスージーの父という意味だったと気づいた時はもう・・・。(親子だと気づけるのはメタナイトでGOのポーズ画面の説明のため、本編プレイ中はただ単に崇めてるだけとしか思ってませんでした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで誰か「銀河眼に名立たるハルト」っていう遊戯王MAD作ってくれないですかね?

 

おお我らがハルトオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!